休止期間中の出来事 その42017年05月05日 12:04

さらに昨日の続き

手術室まで徒歩で入室。
ここで、付き添ってくれた母とはお別れ。

中に入るとオペナースと交代。
しばし椅子に座らされ、担当の麻酔科医とオペナースの責任者による問診。
今回は皆女性。麻酔科医もオペナースも20代位の若い女性。責任者はもう少し上の人。

私の名前と、どんな手術をするのか簡単に話させられる。

一応左手には、リストバンドをつけてはいるが、患者の取り違えを防ぐためでしょうね。

問診後、いよいよ手術台の上に。
天井からのライト、周りにはいろいろな機械、ドラマでよく見る景色が。

手術台は予想以上に狭い。
普通のベッドの2/3位の幅。

まずはそこに寝かされ、横向きにさせられる。

その後エビのように体を曲げさせられる

これは、背骨を突き出すため。
特に私は脂肪が多いので、特に頑張って突き出してくださいと、前日の麻酔科医の問診の際に言われた。
脂肪が厚いと、麻酔の針を通すのが大変なので・・・と威かされた(^^;)

とはいえそこはプロ。
なんなく針を刺し、麻酔を注入。
注入されているときは、腰骨のあたりが圧迫されている感触がある。
その後、1~2分位経って、もう1本入れられた。

終わった後は、仰向けになり、腕は真横に。もちろん腕を支える台はある。
いわゆる大の字の姿勢。

この瞬間、改造人間手術を受ける仮面ライダーの気分になったのだが(笑)、すぐに麻酔が効いて意識が全くなくなる。
記憶が全くない。

ぼんやりと意識が戻ってきたのは、手術室から出てガラガラとベッドごと運ばれている状態。
「松本さ~ん 終わりましたよ~!!」と顔をたたかれているのはわかったのだが、体が動いていない。

そうこうしているうちに、いつもの4階の、今回はナースステーションすぐ横の処置室に、酸素マスクをつけて寝かされていた。
結果的に目が覚めたのはそこ。

全身麻酔なので、当然呼吸も止まり、人工呼吸器を入れられていたはず。
どのように執刀されていたかも不明。

手術室に入ったのは13時頃。出てきたのは17時頃。
とはいえ後から聞くと、麻酔が効くのに小一時間、覚めて動かせるようになるまでやはり同じ位の時間がかかるようで、実際の執刀時間は2時間位だったよう。

実際おなかをあけてみて、予想以上に胆石が大きかった(直径は1円玉より少し小さい位。ビー玉と同じ位)のと、癒着が進んでいたので、取り出すのには少し苦労したようでした。

まあとにかく、手術は無事成功したようですが、背中には傷口の痛みを抑える麻酔の管と、鼻からは胆汁を出す管、手首からは点滴、尿道にはカテーテルの管と、4つの管が刺さった状態で数日を過ごします。

当然手術当日は、体など満足に動かせません。
切った直接の痛みは、麻酔が効いているのでないのですが、鈍痛は続きます。
夜は数時間おきに、姿勢を変えに看護師さんが来てくれるのですが、あまり寝られないまま朝になります。

本当の苦しさは、実はそこからなのでした

休止期間中の出来事 その52017年05月07日 11:19

さて、手術が終わり、ナースステーションすぐ横の処置室へ移される。

切り口の直接の痛みはないのだが、少しでも体を動かすと腹筋を使うため、痛くて仕方ない。
だから、事実上体は動かせない。

寝返りも打てないので、夜は数時間おきに看護師さんが姿勢をずらしに来てくれる。

手術翌朝になると、看護師さんが蒸しタオルを持ってきてくれる。
これで顔を拭く。
ようやく人心地つけた気分。

午後に看護師さんが来て、少し起き上がってみましょう と言われる。
同じ姿勢でいると、エコノミークラス症候群になりやすいので、術後できるだけ早く歩けるようにした方が良いらしい。

とはいえ、まず体を起こすのが大変。
そこから立ち上がるとなるともっと大変。

5分位かけてようやくベッドの脇に立ち上がる。
頭がクラクラする。
ずっと寝ていたから当然か。

そこで足踏みを何回か。

数回やったところでもう終わり。
限度。

その日はそれで終わり。

それでも、自分の足で立ち上がれたうれしさはある。

後はまた寝るだけ。
同じ姿勢を続けているので、そろそろ腰が痛くなってくるが、寝返りもままならない。

電動ベッドを少し起こして、ようやく飲み物を口に入れる程度。
それでも飲み過ぎると吐き気がする。

夜はまた姿勢を変えに何回か看護師さんが来てくれる。

そんなこんなで術後2日目。午前中の回診で、食事をとって良いと言われる。

あまり食欲はないのだが、その日の昼からおかゆの食事。

完全に座って食べられないので、ベッドを起こして、なんとか食べる。
半分位しか無理だった。

それでも自力で食べられるので、回復へのさらに一歩。

午後には、歩く練習を始める。
なんとか体を起こして立ち上がり、部屋を出て、20メートルくらい歩く。
おなかに力が入らないので、よたよた歩きではあるが、自力で歩けることは実にうれしい。


術後3日目。
この日も同じような日々。
午前中と午後に、少しずつ歩く練習。

歩けるようにはなったのだが、終わった後の疲れが半端ない。
微熱も続く。

体調的には、この頃が一番つらい。


術後4日目。
相変わらず、一日2回歩く練習

しかしこの頃には、寝返りもでき、朝はなんとか起き上がり、洗面と歯磨きはできるようになった。
食事も座って食べられるように。
とはいえ、圧迫されると傷口が痛いのは変わらない。

そしてこの日、処置室を出て、本来の病室の方に戻される。

さらに復帰への一歩。


というわけで、もう少し続きます<m(__)m>

休止期間中の出来事 その6 (終)2017年05月08日 10:59

術後4日目。
処置室を出て、当初の部屋に戻る。
そしてその日、背中に刺してあった麻酔の管と、おなかの膿を出す管、点滴の管と尿道の管が外される。

残りは、鼻に通ってる胆汁を外に出す管だけとなる。

一気に身軽になる。

で、翌日の5日目。
CT検査のため検査室に。

そこで体内を調べられ、胆管内に胆石が残っていないことを確認。
ここで晴れて、すべての管が抜ける。

看護師さんに身軽になったねと言われる。

またシャワーを使うことを許可され、約1週間ぶりにシャワーを浴びる。
頭が洗えるのがうれしい。

ところで、1週間洗髪しないとどうなると思います?

病院内なので、汗もかかないのでそんなに汚れませんが、やはりシャンプーしてもすぐには泡立ちません。2回位洗って、ようやくいつもの泡立ち。

それより何より、毛が抜ける抜ける。

この抜け毛の量に驚きました。

この頃になると体を起こすのも楽になり、まだ長時間は無理だが、院内をうろうろできるようになる。

時々は食堂というか談話室に行って、テレビをぼーっと眺めていたりもしていた。

6日目、7日目はこうして過ぎていく。

そしてとうとう退院の許可がでる。

術後7日目の夕方。
先生の回診の際、傷口を見て判断。

翌朝もう一度血液検査をして、特に問題なければ週明け退院可能である!と。


もううれしかったですねえ。
ようやく出られるめどが立つ。

子供と同じで、ゴールが見えると俄然ヤル気になります。
現金なもので、もう片付けを始めている自分がいます(^^;)

そして術後8日目の朝、6時頃採血。血液検査。
そのまま8時頃の朝の回診時に、明後日の退院が正式決定!!

もうこのまますぐ出たいんですが^^;

しかし不思議なもので、体調が楽になってきたのが術後8.9日目。
普通に動けるようになってきました。
医者の見立てというのはたいしたもの。

結果、術後10日目の4/24午前中に無事に退院。

久しぶりの外の空気は、なんとも言えないものがありました。

早速、近所の中華屋でチャーハンとラーメン。
やはり外の食べ物はおいしいです!

この病気極端に脂っこいものを大量に食べなければ、特に食べ物に制限はありません。
ただし胆のうをとってしまったため、下痢をしやすくなるとは言われてましたが、今まで退院後1週間経ちますが1回しか下痢してません。
まあ、油ものはあまり食べてないのはありますが。

連休明けに1回外来で行く予定ですが、多分それで今回の処置は終わるでしょう。

おかげさまで、5/1より仕事を再開しました。

傷口は肉が盛り上がってきて、まだ姿勢によっては痛くなりますが、重い荷物を持ったりしない限り日常生活にはさほど問題はありません。
ただし以前のようにまだスタスタ歩けませんし、疲れやすいことは事実ですが、まあ時間が解決してくれることでしょう。

われながら、人体の回復力ってすごいなと。
生きているんだという実感がありますね。


今回の病気は自分の不摂生から。
さらには適切に処置していなかったから、予想以上に重くなり、結果生徒や保護者にご迷惑をかけてしまいました。
これは、大きな反省ですね。
でも、何一つ文句言わずに待っていてくれたことは本当にうれしいです。

今週は試運転で、来週から本格始動です。

というわけで、本題はこれで終了。
次回、雑記というか、気がついたことをいくつか。

ありがとうございました。

休止期間中の出来事 番外編2017年05月09日 11:05

入院中に気がついた事 雑記

1)病院は女性の多い職場。
ハッキリ言って、医師以外は女性が主力。
事務方はほぼ女性だし、看護師も私が見たのは2人だけ男性で、後はすべて女性。
そのほか、入院棟では、食事を運んでくれたり、シーツを変えてくれたり、掃除をしてくれたりするのはほぼ女性。
若い人もベテラン組も入り交じってる。

肝心な医師だって、今回私に関わってくれたうちの1/3は女性。女医さんも珍しくない時代。

まあ、考えてみれば当たり前かもしれない。

入院生活って、診察や検査、治療の行為を除けば、すべて生活。
食事、排泄、衛生管理など生活行為。
生活の舞台が病院と言うだけ。

やはり生活の細々とした面倒を見るとなると、これはどう考えても男性より女性の方が向いている。
特に入院患者は体を動かすのが大変なパターンが多いから余計。

まあ、女性が多くなるのは当たり前
女性の方が、細かいところに気がつきやすいし。

そんな人たちが、私が夜中グースカ寝てる間にも定期的に様子を見に来てくれる。

偉大です。
頭下がります。


2)公的保険の偉大さ

改めて健康保険の偉大さを知りました

健康なときは、高いなあ~ とか思いながら納付してましたが、いざ自分がかかると、実にありがたい制度。
3割負担ですむのはもちろんだけど、それ以上に、高額療養費制度がありがたい。

これ、本人の年収によって異なるが、月額の医療費に上限があるという制度。

保険診療の範囲内ならば、食事代(これも1/3くらい補助が出てる)と差額ベッド代等(私はありませんでした)以外は上限があり、まあ無理なく払える範囲で収まる。

とくに私の場合、月をまたがなかったので、この恩恵をマックス受けられた。


毎回払うのは大変だけど、お互い様だと思って払う事は大事だなって思います。
ハッキリ言って、健康保険が最強の医療保険でしょうね。
私の場合自営業なので、全額所得控除にもなりますし。

日本人でほんと良かったなと改めて感じた次第です。

3)日本の医師の優秀さ
これは考え方が分かれるかもしれません。確かに緊急の処置以外は、検査検査でなかなか話は進みませんが、いったん方針が決まると後は早いです。そして間違いもほとんどない。

専門家を信頼して、任せてしまう方が結果的に楽だなと。

もちろん、治療方針を聞く権利はありますし、納得いかなければセカンドオピニオンもある。
それは患者の自由です。でも、正直言って私はそこまでできないだろうなと。

見てもらった医師がご縁だと、任せちゃいますね。





しかし今年は桜を楽しめませんでした。
満開の頃体調崩して入院で、出た頃にはもうツツジの季節ですから。

まあ、桜は来年以降の楽しみとして。

というわけで、このシリーズ終了です!

連休終わると、すぐに中間テストだよ! ただし、大田区公立中は除く2017年05月10日 15:59

連休も終わり、気がつくと中間テストが近い。

といえるのは、高校生と、一部の中学のみ。

うちの主力である大田区は、中間テストがありません。
1学期は6月に1回だけ。
今月は、修学旅行とか運動会なんかに費やすらしい。

毎年思うんだけど、英数国だけで良いから中間テストをしてほしい。
これなら一日で終わる。

で、期末を7月の頭に持ってきてほしい。

6月にテストだと、前回が2月末なので約4ヶ月のブランク
さらに次回は、10月頭なので、さらに4ヶ月ほどのブランク。
その割には11月の末には次があるので、その間は1ヶ月半位しかない。

中3は、事実上3回のテスト、それも6月のテストは範囲が広くなる状態で内申が決まることになる。

なんだかんだ言っても、テストがあるから勉強するという側面は否定できない。

回数を多くやることで範囲も狭くできるし、もし万が一失敗してもリカバリーが可能。

どうせ試験前には、学校のワークを数十ページ宿題に出すんだから、そのあたりも含めて考えてほしい。

そもそも同じ内申点で勝負するのに、かたや年間4回の試験と、5回の試験では不公平がないか?


まあ、愚痴を言っても仕方ないので、対策を粛々と進めるまでですが。


というわけで、退院後ちょうど2週間。
今日からが通常運転。

無理せずに粛々と進めます。

退院後初の通院2017年05月12日 11:02

退院後半月。
今日は、初の通院。

血液検査の後、先生の診察

結論から言うと異常なし。
疲れやすくなっているのは、やはり3週間あまりの入院で体力が落ちているため。

また、傷口が痛いのも、切った影響のみ。
これは、3ヶ月位は重いものを持ったり激しい運動などを控えて、大事をとれば特に問題はないらしい。
傷口もきれいになっているとのこと。

また、切り取って切り開いた胆のうの画像を見せてもらったのだが、砂粒みたいな胆石の元がビッシリ付いていたのと、一部は炎症を起こしていて、もはや胆のうとしての機能は失われていた模様。

で、これが一番肝心だったのだが、ガンの疑いもないとのこと。

先日亡くなった渡瀬恒彦さんが、胆のうガンだったので、ちょっとだけ心配はしていた。

ただ、今後胆管に結石ができる可能性は否定できないが、そのときは内視鏡の処置だけですむらしいので、今回のような大がかりな手術はない。

今後は食事にも制限はないし、油ものもとってOKとのこと。

念のため2ヶ月後にもう一度再検査をするが、多分これで完治。

本当にお世話になりました。


やはり体が資本のこの商売。
健康第一で行かないと。

体力が戻り次第、摂生生活を心がけようと誓う(今だけ?^^;)

人間万事塞翁が馬2017年05月13日 11:18

1年半ほど前まで通っていた高校生。
どうしても学校になじめず、その学校をやめて、同時に塾もやめてしまった。

その後どうしているんだろうかと気になっていたのだが、昨日連絡があった。


どうやら高校中退後、通信制に入り直してキチンと卒業し、この春から専門学校に通っているとのこと。

中退後の受け皿として通信制に行く子は多いが、思ったようにいかず、半ば雲散霧消になるパターンも多い中、キチンと卒業できたことはすばらしいと思う。

人間万事塞翁が馬

学校をやめざるを得ないときは、ずいぶん寂しい思いをしたに違いない
つらかったと思う。

しかし、後から振り返れば、それもまた良い経験。

自分の経験からもそうだが、人生なんてどうなるかは全くわからない。

今置かれた環境の中でコツコツやっていけば、そのうち道は開ける。
時間かかっても良いし、遠回りしても良い、時には停滞やバックも気にしない。とにかくやり続ける。


まあ、専門学校に入っても苦労はあるかもしれないが、それもまた同じ。

どんな進路でも良いから堂々と進んでいる塾生に、誇らしく思うのは事実。

人は、光に向かって歩く権利があるのだ。

わかりやすく丁寧に教われば、それで解決するのか?2017年05月15日 11:41

個別で、少人数で、わかりやすく丁寧に教われば、勉強は劇的にできるようになるのか?

そういうこともあるだろうとは思うが、実際はそうならないことが多い気がする。

確かにその場ではわかるようになるし、問題も解けるようになる。

しかし、経験上1週間もすれば元の木阿弥だし、学校のテストに素直に反映されることも少ない。

そもそも教える方としても個別でやる場合、相手がわかりやすい問題を使うことが多いから、その場では効果は出やすいのは事実。

教わる方もその場では満足。


しかしその後が問題。
大概、できた~!という満足感だけで終わる。
宿題を出したとしてもすぐにはやらない。

次の塾の直前にやるパターンが多い。

となると大概1週間位経つから、忘れてる・・・(-_-;)


本当は教わってからが勝負。
類題を解くなどして、自分の力になるまで「繰り返す」 

これが最も大事なのだが、なかなかそこまでやるのは少数派。

逆に言えば成績が伸びる子は、自然にこれをやっている。


個別で丁寧に教われば伸びる要素はあるが、肝心なことは教わった先の話。

うちの子は、理解度が遅いから個別で・・・というのは決して間違ってはいないが、その後の自分での勉強がどこまでできるか? 場合によってはどこまでフォローしてくれるか?

そこまで考えておかないと、結果は出にくいかもしれません。


私は今までそれで散々悩み、結局現在のような形に変えたのです。

まあそのあたりは後日に

宿題、とりあえず廃止しました2017年05月16日 11:28

うちの塾では、この春から宿題を出すのを原則廃止してます。

その理由はいくつかあるが、

結局は、やっつけ仕事

に成り下がっているから。

本来は、習ったことを繰り返して学習してもらうために出していた。
基本的には塾でやったレベルと大体同等。
要は、手助けなしでやれるレベル。

もしくは、暗記物。

前者は、塾が終わってからすぐにやるのが理想なのだが、そんなのまれで、大概は1週間経って、「今日塾だ!宿題なんだっけ?」になる可能性が高いこと。

後者は、暗記することが事実上安全パイになってしまっている状態。
覚えてきたレベルが、単なる眺めただけ。
事実上ほとんどやらず、当日になって、
「確認する時間ちょうだい!」といいつつ、そこで初めてやるパターン。

まあこれは、キチンと覚えると言うことはどういうことなのか? を指導しなかった自分の責任でもあるのだが。

という訳なので、現在はとりあえず廃止。


その代わりと言っては何ですが、時間を増やしました。
今まで一コマ2時間だったのを3時間に。
ただし、3時間連続ではなく、1時間半×2が基本単位。
主に英数の2科目で、週4日が基本。

もちろん、どうしても通う日数がとれない場合は、3時間コースでも良いとしたが、大半の生徒が1時間半コースを選ぶ。

時間を延ばすことで、家庭学習の分=宿題の分の演習を塾でやってしまいましょうということ。

まだまだ試行錯誤の段階(いずれは、こちらの塾のようなやり方を目標にしている)なので、やることの指示と、〇付けなどの確認は私が主として行うが、基本的に演習が中心になるので、1対〇人という個別形式ではなくなる。


でも、それを不満に思っている人はいないみたい。

ちなみに料金は据え置き。


まだまだ改良の余地はたくさんあるのだが、思った以上に集中して勉強している生徒達を見て、安心している。要はやり方とやることを与えれば、自分たちでできるんだよね。
あとは気がついたことを逐一こちらがチェックして行ければ。
(多分それが最大の課題だが、楽しみでもある)

今後は、段階的に、生徒の自主的活動として宿題を復活させようとは思っているが、現状、塾に来ればやることがあるということが、生徒達は安心感になっているよう。
この、週に何回も来てくれると言うことは、こちらとしても非常にやりやすい。この点はまた次項にでも。

ところで、やはり自分でやるようにならないと、本当の学力は身につきません。
塾に来て席に座って、池の鯉のようにパクパク口開けて待っていれば成績が上がるわけなどありません。
丁寧に教えてあげることだけがすべてではないのです。
要はその先。

うちの子は理解度が遅い? 
う~ん、多分思ったほどそうでないことは多いと思います。
子供って案外たくましいものです。
思い切って突き放してみることも大事かなと。

何でも与えられる環境がすべて良いわけではないので

来る回数を増やすメリット2017年05月17日 13:19

先日、うちの場合中学生は、基本的に週4回。部活の都合などで週2回や3回もありとした。
中には、週6日もいる。

この最大のメリットは、リカバリーがききやすいということ。

まだまだ中学生くらいだと精神的に未熟。
塾に来たはいいけど、眠くなったり、疲れてあまり進まなかったり、または精神的に集中できなかったり等がある。

塾に来たんだから一生懸命やらないとダメ、とはわかっているが、どうしても精神的にコントロールできない事も多い。

週に何回も来ていると、たとえそういう日があったとしても、すぐにリカバリーの機会がやってくる。今日がダメでも次があるよね、次がんばろうね! になるのだ。

これが週1回しか来ないと、来週までその回復の機会を失うことになる。
その分家で補ってくれれば良いのだが、それが素直にできるようなら苦労はいらない。

また、1科目で週1だと、休まれた場合2週間あいてしまう。
その間、学校の授業も進むだろうし。

そもそも個別の場合、勉強に苦手意識があるから来ることが多い。
週1回程度の授業だけで、劇的に改善するのはとっても難しい。


ちなみに個別というと、コマ数を増やす=費用の増大
となることが多いが、うちは一コマの時間を少し減らし、1:2とかの形式は廃止しましたが、トータル
では時間が増えた上に、さらに料金は据え置きです。

お預かりできる人数は少し減りますが、自分のやりやすい形で生徒と向き合うにはどうすれば?と考えてこういう形としました。

まずは決められたリズムで勉強する習慣、これをつけてもらいたいのです。